農家・竹本彰吾のブログ〜たけもと農場のある風景〜

農家・竹本彰吾のブログ。たけもと農場では、石川県でお米やムギ、大豆を作ったり、その作ったおコメを販売したりしています。

タグ:スマート農業

食料・農業・農村の意見交換会

タイトル長めですが、
北陸ブロックの
食料・農業・農村政策審議会の
意見交換会に呼んでいただきました(^-^)



国の食料・農業・農村基本計画を策定するにあたって
現場の声を反映すべく、審議会の企画で
各ブロックをまわって意見を交換するっていう趣旨の
催し物ですね。

北陸各県の
農業者や食品関係業者をスピーカとして
呼ぶ中で、だっだだだ代表に選んでいただいた次第です。

「平場」
「大規模」
「若手農業者」
というのが、ボクの選ばれた背景であり、立ち位置かな、と!


いろんな地域で、いろんな立ち位置の方の
意見を集めているとは言え、責任重大!


ボクの意見としては
◯経営継承(事業承継)が円滑に進むよう、政策の後押しがあるべき
◯スマート農業は、もっと現場の課題解決に繋がるべき
◯担い手を支援する姿勢は嬉しいけど、兼業農家の存在の重要性を政策に反映すべき
◯可変施肥田植え機開発のような産学官連携には引き続き投資すべき
◯農業への理解を、学生・学生の親御さんに推進すべき
という内容でした。


そのうち、WEBサイトにも載るらしい。。。


それぞれ意見者の立ち位置は違っていて
視点も視線も異なるし
キャラクターも異なってて
大変参考になりました(^-^)

マイクがあるシーンだったので、
話に割り込むのはナシだったんですが
メンツがメンツなので、そういうのがよかったかも。

そういう仕立てじゃなかったら
脱線しまくりか
みんなワーワーしゃべってコントロールできなかったかも笑


そのくらい、
意見者も委員の皆さんも
言いたい主張あるぞっ、て雰囲気でした。
(オブザーバー的な農水省の方々も、
きっとそういうスタンスの方ばかり笑)


2時間あっという間の
語り尽くせぬ時間でした(^-^)
大変貴重な機会をいただき、光栄です✨

後に続く農業青年たちは、是非オリジナルな衣装で
勝負に臨んで欲しいものです^-^
↑杭打たれる案件ではあっけど笑

北陸農政局で農業青年の意見を述べてきました

たけもと農場とJA全農が連携協定


JA全農さんと、連携協定を結びました


ぜぜぜぜ全農さんっっっ(((( ;゚д゚)))



全農さんが開発した、営農管理システム「z-gis(ゼットジーアイエス)」
の活用について、力を合わせてエイエイオーという主旨。

エクセルとデジタル地図(マップ)の2つから成る
シンプルなシステムで、
これまでボクたちがアナログでやっていた行動に
近いものがあります。

白地図に色ペンで塗り塗りし、
エクセル(あっ、コレ以前からアナログじゃなかった)で
表に打ち込んで、
地図を見ながらエクセル見る、エクセルと地図を目が行ったり来たり。
というのが、PC上でヒモづいて完結できるってことですね。

いわゆる、スマート農業ってヤツ。


んで、自由度が高い、良いシステムなんですが、
「その気がない自由」は、「不自由」そのもので
真っ白いキャンパス渡されても、絵を描きたくて
描きたくてしょうがない人ならよくても、
絵を描く意思が無い人に渡しても、持て余すだけです。

たけもと農場としては、
真っ白いキャンパスにもボタン一つで出来るし、
ひとまずコレをダシに営農の記録つけてみるといいよー
という、サンプルモデルを作るのが役割かと!


知名度が妙に低いのも課題なので、
ウチの拡散力は大したことないですが(謙遜)、
少し力を添えることが出来ればと思います!


全農さんとの協定ともなると、
なんだか実に伴わず、名ばかりが上がっているような
こわーい感覚になりますが、
「良いと見られたその目が大事」とバアちゃんも
言ってたので、見込みがあるとお声かかるうちは、
応えんなんな!という思いで、やっていきます(^-^)

↑このページのトップヘ