北陸ブロック大会で
新潟へ行ってきました!

だいたいの雰囲気は
コッチに書きました。
http://zenkyo4h.com/hokuriku30noushakai/

(ふー、あちこちで記事書いてるから、
ブログ止まってた感覚ゼロ!)

パネルディスカッションの中で、
全国農業青年クラブ連絡協議会が
どんな団体で、なにしてるかを
プレゼンテーションする時間をいただきました。
IMG_5031


ザクっと言うと
◯この集まりは、全国の20代、30代の若手農家が集まってる
◯規模でいうと1万人を超えるメンバーがいる(っぽい。実感なし笑)
◯年3回の会長会議、年5回の理事会、執行部会とまあ、
 各種会議をけっこうやってる
◯全国各地持ち回りの「交換大会」(併催)と、毎年東京で開催される「農者会」
 の運営がメーン事業
◯農水省との意見交換会や全農らとの研究会、国際交流事業、農業系サークルとの交流
 などなど、色んな交わりを持ってる
というサマリの部分と
◯「次代を担う」「若手農家」「の全国的な集まり」というポテンシャルは
 期待が高い(ぜんっぜん持て余してて、活かしきれてない程)
◯今年のテーマは「相乗作用」相乗効果が出るよう、働きかけようというメッセージ
◯”農業をなりたい職業ナンバーワンに”みんなでいこう
◯ボクらは「組織」
 「早く行きたいなら一人で行け、遠くに行きたいなら皆で行け」というアフリカの
 ことわざのように、みんなで遠ーいゴール目指そう
という話を、この文字列で感じ取れる熱量の30倍くらいの
熱意でお話ししました。

この手のお話しは、
農者会に参加するメンバーに対しての
「映画の予告編」みたいな物だと、
ボクは思ってます。

物語を見ない人にとっては
一瞬フワッと感情を揺さぶりかける
出来事かもしれないけど、
そこまでググッとは実感なし。


物語を見ると決めてかかってる人にとっては
「え〜何!コレ見ないっていう選択肢ない系じゃーん!」と
見る前からテンション出来上がってしまうカンジ。


見るか決めてない人にとっては
参加した時に
「あの時に見たヤツの本ちゃんや!
コレのことか!」と
肩慣らしのサポートしてくれる。


汗しぶってプレゼンした身からすると、
前のめりで見てくれて、
もうテンション出来上がってしまってる
”物語を見ると決めてかかってる人”
(つまり農者会に参加するのを決めてしまう人)を
作り出す機会を夢見がちですが、
ホントのターゲットは
参加した時に「あの時のアレね!」となる、
まだ決めてない人。

だと、ボクは思ってます。


プレゼンを聞いた時は、
まさか自分がその農者会に行くなど
想像だにしていないクラブ員って、
けっこうな割合で、居るんですよね。

で、行ったら、面白いって
感じてもらえる。

IMG_4962


ボクも、全協の理事になった時は
「よく分からんけど、行けって言われて来ました」
でした笑

他の理事たちと同様に(どーん)笑