全国青年農業者会議が、
先日東京で開かれました。

その中の企画が
「事業承継」
農家の跡継ぎ、経営継承ともいえるものですね。

ボクも登壇しましたが、
みんな、スゴい!と
みんな、おんなじなのね(^^;
が入り混じる
面白い内容でした。



けっこう長い中身ですが
農家さんは必見ものかと思います(^-^)

このパネルディスカッションでは
継ぐ目星の人(息子)は居て
そこへどうアプローチして
どう上手く橋渡しするかが
話の中心でした。

農業を取り巻く環境では
継ぐ目星もいない、というケースもあり、
重要で重大なテーマになっています。

なんですが、
「バトンタッチはまだ先のことだ(と思う)」
と思ってる親御さん、お子さん、
とても多い。

あるいは
「そうなったら、そうなったなり(なんとかなるでしょ)」
くらいのスタンスの農家さんも多い。

いざそのタイミングになった時に
大きな苦労をするよりも
みんな元気なうちから、少しずつ考え、
取り組んでいったほうが、ずっとラク。

発展的で建設的だし。


そんな意識のきっかけづくりに
この動画が活かされればと、
共有しました。