こないだ
どこかのテレビで
流れたフレーズで
すごく響いたのが、コレ。


「諦めることを覚える」


すごくネガティブに見せかけて
とても深いと感じました(笑)

テレビの内容は、確か
なかなか結婚できない男性向けのアドバイスで
「犬と猿を飼いなさい」と言ってました。
そのこころは
「世の中、自分の思い通りにならないと分かるから」
というような印象の言葉でした。



この言葉が響いた背景には、
以前あった、小学生からの質問だと思います。

その小学生からは
「お米があんまりとれなかった時は
どんな気分ですか?」
という質問でした。

その時の回答は
「がっくりきましたね〜」程度の
ことだったと思うんですけど
その時からすごーく胸につかえてた
感覚があります。


確かにがっくりはしたけど、
したけど何??くらいの感覚。
しょうがないというか、
ダメやった時はダメやった時でしょ、
くらいの感覚なんですよね。


がっくりしたけど、
農業やめようかなと思ったことはないし
がっくりしたけど、
農業がつらくなったわけでもないし
がっくりしたけど、
次の年は、ヨッシャーって年かもしれないし

要は
それはそれで、諦めたということなのかと
思います。


でもでも、諦めるっていうと、
なんかイメージが悪いな〜
と考えていました。

大好きなマンガ「スラムダンク」でも
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」という
好きな名言ありますし。


って、ずーっと思ってたところ、
今回のコレですよ!


なんたって、
農業は「自分の思い通りにはならない」
ことに定評がありますからね(笑)


つまりそれは、「願いが叶わなかった」とか「挫折」あるいは「悔い」に
つながるような『諦め』ではなく

「ありのままを受け止める」とか「結果に納得する」に
つながるような『諦め』だったのではないかと。


そんなことを書こうと
少し調べてみると、
諦める=”明ら”める
というのが語源で
”心を納得させるプロセス”という意味合いの仏教用語だと
出てきました。


なるほど納得。

農業は
自然相手。

毎年が一年生。

思い通りにならないからって
言い訳にばかりしないし
無理して抗わないし(ある程度は抵抗しますが笑)
ありのままで。