農家・竹本彰吾のブログ〜たけもと農場のある風景〜

農家・竹本彰吾のブログ。たけもと農場では、石川県でお米やムギ、大豆を作ったり、その作ったおコメを販売したりしています。

今日も秋晴れの良い天気でした

晴れが続いたおかげで、麦も豆もかなり作業が進み、8割くらい終わりました。気分のうえでは、もう終わった感覚さえあります。

豆刈り

コンバインを操縦しているのは父。ボクがおおかた操縦したのですが、交代して見てみると父だと動きがスムーズ!!

ナゼ??経験の差・・・?まるでコンバインが操縦者によって態度を変えているかのようです

(有)たけもと農場に今働きに来ている超強力助っ人のことを少し。

8月下旬から稲刈りを始めたのですが、そのころからユタカさんという方と、タローくんという2人の助っ人にに来て頂いてます。

ユタカさんは趣味をたくさん持った活動的な方で、夏は登山客の世話なんかをする仕事、冬はロッジの仕事やスキーのインストラクターをしているらしいです。だいたい何でも知ってる、というくらいなんにでも詳しい底知れない人でもあります。
タローくんは就職活動を終え、来春からの社会人デビューを控えた子で、ムードメイカーになってます。2人ともよく働きますね〜

ボクも見習わなきゃ

連日のことながら、麦まきと豆刈りにあくせくしています。たくさん作っているというより、モタモタしているという感じですね

麦や豆の作業は、農閑期(田んぼ仕事があまりない時期)の有効利用のためにしているという考えが強いですが、田んぼの土質(かな?)も改善してくれるスグレモノらしいです。

麦さん、豆さん、・・・たのんぞ
(「たのんぞ」というのはこの地方で「頼むぞ!」という意味です。)


麦まき

この写真は麦まきの様子です。機械化が進んでますね〜。ちなみに父が操縦しているこのトラクタは、冷暖房完備です。ご存知でした?以前友達に教えたらかなり驚いてました。

↑このページのトップヘ