農家・竹本彰吾のブログ〜たけもと農場のある風景〜

農家・竹本彰吾のブログ。たけもと農場では、石川県でお米やムギ、大豆を作ったり、その作ったおコメを販売したりしています。

今日は湿りがちの天気でした。この時期のこの地域らしい天気です。いつもならもう少し寒いハズなんですが。

今日はもみすり作業をしました。もみを摺る作業のことです。

もみ?

もみとは、皮がついた状態のお米のことです。写真がそれです。これがそのまんま種にもなります。田植えの風景を見たことはあると思いますが、意外と種になるもみを見かけることは少ないのでは?
もみもみすり作業によってもみ殻と玄米に分けます。

そうして、玄米は30舛梁泙紡浹佑瓩鬚靴泙后かつては60舛良兇傍佑瓩道ち上げてたなんて・・・考えられません(ガーン)
もみ殻は、田んぼにまきます!これが、土の栄養になって、次の年のイネに良い影響を与えてくれます☆イネ刈り(おコメの収穫)のときも、イネのワラを田んぼに戻しています。

これがいいおコメを作るんだぜ!とまで言うとおおげさになってしまうんですが、じいちゃんの代からコツコツやってきているので、ウチのコメ作りの土台と言えます。

メイン会場(?)は、もちつきやごはん、焼き鳥、うどんなど色んなものが売られてました。ボクが到着した時はちょうどもちつきの合間だったようで、つきたてのおもちにはありつけませんでした(T_T)
久々にボクを見る人もあったようで、「あらー、でこなってー(あらー、大きくなったねー)」と声をかけてもらってました。

でっかい家みたいな、居心地のいいお祭りでした!メイン会場

昨日のおまつりの様子です。
今年はやや人が少なかったらしいですけど、ずーと何年も行ってなかったので、
「牛島(ウチの地区です)にも人が結構いるもんだなー」と一人で感心してました。焼いもの会場では、牛島子供会と女性会(かな?)がワイワイ焼きました。ホクホクに焼けてみんなおいしい笑顔!「いっぱい食べたらおなら出るげんよー」と、誰もが知っている知識をみんなこぞって叫んでました。やきいも




↑このページのトップヘ