農家・竹本彰吾のブログ〜たけもと農場のある風景〜

農家・竹本彰吾のブログ。たけもと農場では、石川県でお米やムギ、大豆を作ったり、その作ったおコメを販売したりしています。

人生初の青森へ!

農業青年の全国組織
全国農業青年クラブ連絡協議会の
役職でご縁があった工藤康紀さんの
お声がけで、
講演依頼いただきました。

青森、いいとこですね〜!
りんご、そして りんごジュースがうまい笑

景色が、ボクの感覚でいうと
イネがリンゴになったってカンジ笑

そこらじゅうにリンゴが生ってて
リンゴの倉庫が建ってて
コンテナにリンゴが詰まってる笑

講演とともに
懇親会にも参加させて頂いたんですが、
これは役得ですね。
皆さん素敵な農業されてて、
学ぶ点をたくさん頂いて、
教えに来たのか、教わりに来たのかっていう
感覚になります(^-^)

7割、何言ってるか、
分かりませんでしたが笑

(・・・見栄はりました。9割わかりませんでした笑)


合間時間で
立佞武多(たちねぷた)という
タテにデカい五所川原スタイルのねぶたを
拝見しました。
記念館で。

たけもと農場Tシャツ着て五所川原の立佞武多みてきた


八月のお盆前が
お祭りの時期だそうなので、
ぜひまたその時期に伺いたいです(^-^)

前日入りしたんですが、
その目的は、
「モツハウスに行く(んでもって、モツやろうぜ!)」
でした(^-^)

全協(全国農業青年クラブ連絡協議会)の
元会長の会津宏樹くんが
週4くらいでモツをやってるってので
以前からモツやりたいと思ってました笑

モツハウスに、たけもと農場Tシャツ

メンバーも
全協理事経験ある
長峰さん、そして
いまの青森の会長、木村さん
んで会津くんと工藤ヤスさん
という
ボクから言わすとプリキュアオールスターみたいな
なかなか豪華な面々。
モツハウスに4Hメンバー揃い踏み

昔話と
うまいモツと
うまい酒、
ぜんぜん聞き取れない津軽弁!

見慣れたメンバー、
聞きなれないコトバ。
(東京に集うときは、標準語でやりとりするので笑)


楽しい時間は、あっという間。
短い時間やったけど、
ありがとー!




「負荷」と「負担」は
似てて、ずいぶん違う。

どちらも、
ダメージを伴うんですが、
「負荷」は結果として強くなり
「負担」は次第に結果として弱くする(傷める)
という意味合いがあります。

PA093748

ボクも、かれこれ10年以上前になりますが、(いや待てよ、20年か・・・?)
ランニング大好き少年だったので、
ランで例えます。

ランニングってのは、
基本的にカラダをいためつけて、
しんどいだけの行為にみえます。


でも、しんどいけど、ムダじゃない。
成果が目に見えるし(◯km走れたー)、
成長も目に見える(タイム良くなったー)
結構楽しいモンです(^-^)


一方、「負担」は、してる行為は一緒。
同じく、しんどい思いをするんですが、

その後も
いい影響を及ぼさないものを指すようです。
「やらされ感」でランニングしたら
下手したら、ケガしますもんね。



全国農業青年クラブ連絡協議会の会長職もそう。

お話しすると、「大変そうですね〜」とか「うわ〜」とか「うわわ〜」
と言われることが多いですが、
ボク自身は、あんまりそう感じてない。
負担になっているという思いはないし、
逆にチャンス!とすら、思っています。

いろんな人に会えるし
顔も売れるし笑
お米も売れてる(ような気がする)し笑
ボク不在で社員メンバーが成長するし
オヤジもボケないし
家族も逞しくなるし
ボク自身も成長できる

と、思っています。


それに耐えうるための努力や工夫も
不可避なので、腰の重いボクには最適!とすら思っています(^-^)



役職をになっている人は
もしかしたら、ダチョウ倶楽部方式で代表になった人や
急遽代表にならざるをえなかった人
いざなったら、後釜がぜんっぜんいない人
それぞれいる(多分)。

それぞれの事情の上で
役職を担っている以上は
「負担」を「負荷」に変える努力が必要。


調べさせられる調べ物は30分が半日のように長いけど
気になってグーグルで調べてると、何時間でもサーチできるってね。

決めるのは、自分自身。



東京大手町パソナさんにて
キックオフ講座の講師しました(^-^)

農家の講師さん 竹本彰吾です(^-^)

BlogPaint
  • 移住考えてなくはない

  • んでもって就農を視野に入れてなくはない・・・

  • でも農業ぜんぜん知らない・・・


  • という方がターゲットの講座。

    コメ担当がボク。
    野菜担当が小松市のトマト農家の北くん。
    果樹担当が金沢市のナシ・モモ・リンゴの東くん。

    「何故、農業についたか」
    「農業やっててドコが楽しいか」
    「やろうと思ったらドコがしんどいか」

    みたいな意見を
    ボクら視線でお話しました。

    これまで
    農業やってる人
    もしくは就農はまだ考えもしてない(小学生とかね)
    を対象にお話ししたことはあったんですが、
    「就農を視野に入れて無くは無い」対象の
    お話しってのは、あんまり経験なかったので、
    新鮮でした(^-^)


    お話しした後は、
    試食をしてもらいつつ
    テーブル毎を回って、小グループでの
    質疑応答。


    移住プラス就農となると
    ◯住むところを探す
    ◯農業のノウハウを積む
    の2大イベントをこなさないといけないので、
    そこを皆さん気にされていましたね。
    BlogPaint


    農業のノウハウにしたって
    ◯育て方
    ◯売り方
    ◯経営的な感覚(機械や資材を買って、生活費もつくらなきゃいけない)
    が必要で、一気に解消しようとするのは
    結構ストイックな作業になると思います。


    なので、農業法人に入社するなり
    受け入れ体制の整っている個人農家さんに
    修行に行く、
    そこから、ノウハウを積みつつ、
    独立就農を目指すのが
    現実的で確実だよねっていう話に
    しました・・・というか、皆さんのなかで
    そう落ち着いた感じアリ。


    少しでも参考になったら良いです。
    ライバル増えるかなー(^-^)

    ↑このページのトップヘ